スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の絨毯

2013-05-27 | 11:40

 この地方の田植えが済んでほぼ一ヶ月、田の稲が元気良く生育して、植えられた苗と苗の間に見える水面が段々見えなくなってきた。まるでグリーンの絨毯を敷き詰めたようで周囲の木々の葉と共に緑一色。
「もうすぐ梅雨入り」との声も聴こえて、作物の生長には大切な時期だ。

田に白鷺
緑の田に白鷺


畔道を行く学童
畔道を行く学童たち


 朝のウォーキング途中では、白鷺や番の鴨が田に餌を啄ばむのが見え、「おはよう!」と挨拶を交わしながら農道を行く学童たちの明るい服装が田の緑に映えて詩情を感じる風景でもある。
 秋の実りの時期と共に、長閑な田園地帯が最も綺麗に見える季節になった。
スポンサーサイト

Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

新パソ講座開講

2010-10-19 | 12:55

 所属するNPO法人「アクティブシニアネットせと」で当年後期のパソコン講座を開講した。
 シニア向けの募集5講座の内の2つの講座、「パソコン入門額集会」と「インターネットの基礎」講座を一つに纏めて何とか開催に漕ぎつけたもの。
 毎回対象が限られるので、参加者を集めるのに苦労している。隔週5回の講座では受講者の年齢を考慮すると、覚える傍から忘れる心配もあり、実施方法にも問題があるのかもしれない。
 兎に角、詰め込み学習ではなく、これからパソコンやインターネットに馴染んで興味を持ってもらえるように、ご指導しようと思う。

Theme : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
Genre : 日記

続々、暮らしに生かすパソコン事情

2010-10-08 | 23:55

 学びキャンパス後期「インターネットを暮らしに活かす」9回講習の初日。デジタルタワーが快晴の朝日に照らされて高い秋の空にそびえる真下で、気持ちのよいスタート。
 少し早めに出て、初日にお渡しする教材費の釣銭準備のために、コンビニを梯子して水を買い、ガムを買い100円玉をポケットにずっしり仕込み会場へ。予めお知らせしている金額(@\1,600)なので、釣り銭が無いように準備してもらえると助かるのだが。まぁそういう風に細かい気遣いをされる方は、この節全員の3割ぐらいでしょうか? 小銭があっても2千円を出される方、1万円札を出される方も・・・。コンビニで買い物するのと同じような感覚なのかもしれませんね。
 定員一杯の16名の受講者全員出席。ご自分のPCの様子を伺ったところ、Windows7、Windows Vista、XPがほぼ 3:3:4の割合。世の中の変化と共に、パソコン事情も少しずつ変わっている。この講習も大分回を重ねてきたので、今まで以上に「パソコンが暮らしに生きる」ようお手伝いをしようと思う。

Theme : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
Genre : 日記

続、暮らしに生かすパソコン事情

2010-10-06 | 23:55

 ご近所の奥様のインターネットデビューのお手伝い。
 今まで仕事が忙しくて、買ったまま使わずにいたパソコンを、いよいよ必要になってネットにつないで使いたいとの事。
 3~4年前に買ったPCだが、電源を入れて5分しても起動が完了せず、起動後もクリックにまともに反応しない。チェックすると明らかにメモリが足りていない。
 「ほとんど使ってないのに何でうごかなくなるの?」一般ユーザーのごく普通の疑問だが、性能不足・・・。価格競争が招く「売り出した時に動けばいい・・・3年先のことなんて・・・」と言うリミットデザインの結果だ。
 先ずは例によってメモリ増設で元気にする。これで、工事業者さんも感心する程サクサクの性能を回復。プリンターを選んで代理購入。光回線の敷設と加入手続きをしていたのが昨日工事完了。
 プリンターを接続してソフトのインストール、ネット接続設定とメールの設定などをして一応使える形になった。
 ネットで地図を検索、その結果を印刷したいというのが当面の利用目的。有効に使って貰いたい。

 話は本題からそれるが、ここのお宅は夕方になり、ご主人が帰宅の時間にサポートがぶつかると、お茶代わりなどと言ってが出たり、続けてそのままになったりするので注意が必要だ。
 昨日もネットの工事に立ち会った後、Eさん共々4人でたっぷり呑み会になってしまった。
 これも暮らしに生きてるパソコン事情ではある。

Theme : 今日の出来事
Genre : 日記

暮らしに生かすパソコン事情

2010-10-05 | 23:55

 先月から始めた社協主催『福祉パソコン教室』の最終会・5回目のレッスンが終了した。受講者は男性4名、女性2名のシニアのパソコン初心者のが対象、午前中の教室だ。
 それぞれスキルも、持参の自前PCも、そして覚えたいこともまちまちだが、Windows PC の基本操作を確り覚えて頂くことを主眼の講習にした。一項目ごとに「へぇ~、なるほど!」との反応が嬉しい。
 ハンディのある方も含めて熱心に受講して頂いた。これからも常々パソコンを身近に暮らして頂けるようになると好いのだが。

 このレッスン中にメールが着信。ホームオフィスで翻訳の仕事にPCを使っておいでの方からだ。
 一ヶ月ほど前に動きが悪いとのことで、見せて頂きメモリ増設をしてもらったのに、今度は「使い始めて数分すると電源が落ちる・・・?」とのこと。
 午後ノートPCを持参して頂き動作チェックをすると、申告どおり、起動当初は暫く動くが、負荷が掛かると電源が切れてしまう。切れる前にファンの音が高くなることからも、温度上昇で内部回路の保護が働いている様子。CPU周りの冷却がうまくいっていないのでは? と、一旦預かって分解チェック。
 案の定、CPUクーリングファンの排出口にたっぷり埃が詰まっているのを発見、清掃して元気を回復した。

これが原因! これが原因!

 2年ほど前にも同じ現象があり、メーカーN社に修理依頼したところ、清掃してFanを交換、ついでに?ハードディスクも交換して5万¥ほどの修理代金が掛かった伝票が残っていた。今回もメーカーに問い合わせたところ、概算見積金額は5万8千円と言われたそうだ。

 こんな故障への対応は、ここ1年ほどの間にこれで3件目。
 一般のユーザーが分解できるような構造でもなく、普通に家庭で使っていて、2年で塵が詰まって動かなくなるパソコン・・・? これってリコール対象ではないのかなぁ? 
 大分前の話だが、“SONYタイマー”なんて話があった。製品を使って何年か経つと同じように決まって故障する。何かタイマーが仕組んであるのではないか?って言う類の話だ。
 今回の故障も、クリーンルームででも使わない限り、必ずこうなる構造になっているように思う。予め図った事でなくても、実情は“NE?タイマー”になっているのではないだろうか?

 一般家庭へのパソコン普及率・75%なんて言われているものの、どのくらいのコンピューターが有意義に使われているのだろう? おいて置くだけで古くなるPC、役に立たずにで処分されるパソも沢山あるのだろうなぁ。

Theme : 今日の出来事
Genre : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。