スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後に希望を託す二つのゲーム

2010-10-09 | 14:35

 昨日はジャイアンツの今季ペナントレース最終ゲーム、東京ドームでの対ヤクルト戦。途中4:1と逆点して二位を手中にしたと思ったのだが。6回に相手畠山にHRで2点を追加されて迎えた最終回、又してもクルーンが誤算、畠山に痛打を浴び同点に。延長10回も持ち堪えられず降板、代わった高木がスリーランを浴びて勝負が決した。
 Gの皆さん人柄が好くて、勝ったときには「チームのため、チームメイトに助けられて・・・」なんてことばかり言ってるけど、この日はお互いエラーなどで足の引っ張りっこ。“プロとしての俺がラストマン!”って言う気概が希薄だ。ダッグアウトでいつに無く感情を露わにしていた原監督の「プロとして肝心な場面で力を出せない選手がいる」とのコメントがそこにあるように思う。
 もうCSの試合球場がが東京ドームでなくて甲子園でも好い、阪神に負けても好い、1stステージをもし勝ってしまってドラゴンズをも倒すかもしれない。そしてパのチームを破って“日本一”なんてこともあるかもしれない。でももう今年のGの応援は終わった。
 ペナントレースで優勝できるように、Gらしいチームに立て直して来シーズン文句なしの“日本一”になるよう頑張ってほしい。

 サッカーではこの日、Japanの強化試合がザッケローニ新監督の初采配で、世界ランク5位の強豪アルゼンチンチームを迎えて行われ見事一勝。この先に希望が持てる結果を示してくれた。
 試合前4日間の新監督の指導による練習で、攻められたゴール前の守備陣形が変わったこと等による効果との解説。指導者の力は絶大だ。相手チームの本気度など気になるところもあるが“先ずは一勝”を素直に喜んで、次の韓国戦を楽しみにしたい。。
 目標は次のワールドカップなのだ。新監督の日本チームに対する感想としては「秩序のある、まだまだ伸びしろがあるチーム」とのこと。国内メディアの空喜びに踊ることなく、国際舞台で評価されるような素晴らしいチームに育ってほしい。
スポンサーサイト

Theme : 読売ジャイアンツ
Genre : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。