スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゅうば(入梅)鰯

2011-07-01 | 23:55

 列島は記録的な暑い日々が続いているようだ。幸いこの地方は海から吹く風のおかげで、エアコンがないと凌げない程の暑さはまだ無い。
 Eさんの希望で銚子漁港へ行ってきた。昨日のTVで、先の地震や津波で被災した旭市や銚子周辺の復興を支援するために、旬の入梅鰯を役立てようとの地域の活動を紹介していた。その中で、「復興丼ぶり」と言うのが美味しそうだったのでそれを昼飯に食べがてら、銚子漁港や犬吠崎灯台を見てこようというのが出かけたきっかけ。
 朝9時頃に家を出て、弓なりの九十九里海岸に沿うように県道30号線を北上。津波被害の痕跡がまだ残る旭市・飯岡から銚子へ。港町として歴史のある銚子、JRの駅や港の近くは人や車の往来も賑やかで活気がある。
 11時少し前に銚子漁港に着いた。沢山の漁船が着岸している直ぐ脇の駐車場に車を止める。人が働いている船はどれも鰯漁船らしい。沖から上がってきた船が接岸すると、連携して大型・小型のトラックが岸壁に横付けし、船の大きな網とクレーンで鰯を掬ってトラックの荷台乗せかえる。この入梅時の鰯を「にゅうば(入梅)鰯」と呼んで、脂が乗って旨いのだそうだ。今年は豊漁とのこと。

 銚子漁港 銚子漁港

 鰯の水揚げ 豊漁の鰯の水揚げ

 入梅鰯 脂が乗って旨い“入梅鰯”

 しばらくこの様子を見てから、近くの食べ物屋や鮮魚店を見て歩いて、復興丼の旗を見つけて昼飯に。鰯とプリプリの大きな海老、茄子の天ぷらが乗った「復興天丼ぶり」と、二種の鮪のづけとイカが乗った「復興海鮮丼ぶり」を頼んでシェアして食べた。共に味噌汁、お新香付きで¥1,000也。お値打ち、しかも代金の10%は地域復興資金に寄付されるそうだ。

 復興丼ぶり 復興丼ぶりで昼食

 腹を満たして、お土産を物色・・・、この港で上がった魚を自家加工した金目ダイと鯵の干物を手配してから、再度港へ戻る。漁協の直売場では獲れたての中羽鰯が¥300/kg、人気があって客足が絶え間なくどんどん買っていく。折角来たからと、持参したクーラーに一杯買ってきた。ゴムの前掛けをした店のおばちゃんが、クーラーに砕いた氷と塩を一掴みし、水を入れてから、お目目ぱっちりの新鮮な鰯をザックリと重さを計ってドサッと4kgほど。

 帰り道に、犬吠崎灯台へ回ってみたが、日本で一番早く日が昇り、地球が丸く見える場所とのふれ込みも、乳白色の濃い霧で海はほとんど見えず。灯台へも登らずに、周囲を巡る遊歩道を歩いただけで帰ってきた。

 霧の犬吠崎灯台 濃い霧の犬吠崎灯台

 帰ってきてからさぁ大変、とてもこんなに鰯を食べきれないので、クーラーごと担いでご近所さんに鰯を配って歩いた。物珍しさで買っては来たが、地元の人達には迷惑だったかも。
スポンサーサイト

Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。