スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ややっこしい話

2012-05-30 | 23:55

 夕方Eさんが「お願いがある」というので何事かと思えば、今夜の夕餉がとんかつなのに「とんかつソース」が切れてて、買って来てくれとのこと。ドレッシングでも卸大根で和風も良いじゃないかと思ったが、付け合せにする自分で育てた穫り立てのキャベツにも思い入れがあるらしく、やはりカツ と繊切りキャベツ と「とんかつソース」の組み合わせに拘リたいとのこと。買ってくるのは「とんかつソースの中濃を!」との指示。
 エクサがてら自転車で最寄のスーパーへ。
 棚に並んだのをみると、とんかつソースのラベルを貼ってあるのが3種類。ブル○ック、キッ○ーマン、○ーミ。Eさん指示の「とんかつソースの中濃」を探すが見当たらない。みんな濃厚だ。
 どうやらとんかつソースの分類には中濃は無いらしい。って言うか、どのメーカーのソースも、ウスターソース、中濃ソース、とんかつソースのネーミングで区分されていて、濃厚ソースを称して「とんかつソース」と言うらしいことが判明。
 自分ではブルドックやキッコーマンと並んで「とんかつソース」という銘柄があるのかと思っていたし。選択肢の多様化は好いことだが、ちゃんと理解していないと色々選べるってことはややっこしいものでもある。結局ブル○ックの「中濃ソース」と「とんかつソース」を一本づつ買って帰って来た。

 そして今日は世間が注目した、野田総理と小沢元代表の消費増税法案成立に向けての協力について話し合いがあった。
 「社会保障と税の一体改革」に政治生命をかけるという総理は、党で決めたことなので賛成して欲しいと。一方元代表は「税と社会保障の一体改革」というが、増税ありきで政権交代時に党で決めたことが反映されていない、と。予定時間を超えて議論があったらしいが大方の予想通り平行線で終わったとのこと。
 こちらは首相の政治生命が掛かっていたり、先々世の中が変わる事柄でもあり、とんかつソースの濃さの「ややっこしい」では済まされない。今後の国会審議や法案成立の行へが気になるところだ。
スポンサーサイト

Theme : 思ったこと・感じたこと
Genre : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。