スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸でカブト虫!

2010-08-07 | 23:55

 昨日孫の悠晴と遥奈がママと一緒に瀬戸の夏休みにやってきた。
悠晴君は虫を捕まえることが大好きで、それが瀬戸に来る大きな楽しみの一つ。蝉やバッタ、上手くするとカブト虫も虫かごに入ることがあるから。
 昨日も着いて一休みしたら早速、虫取り網と虫かごを持って庭に出て行った。すぐに蝉を一匹、二匹・・・。去年より網の使い方がグンと上手になっている。夕方、捕まえた虫たちを放してやってもいる。生き物への思いやりも理解できるようになって、一年の成長を感じる。

 そして、去年来た時に雌のカブト虫を捕まえたのを覚えていて、その木に今年は寄せ餌のバナナを吊るして明日の朝カブト虫を捕まえに行きたいとのこと。ちゃんと事前に勉強をして作戦を立てて来たらしい。
 夕方スーパーでバナナを一房買って、去年実績のある近くの森林公園へ。ところが、去年の「その木」にはなんとスズメバチが樹液を吸いに集っていて、危ない危ない!
 少し離れたクヌギの木と、グランドを挟んだ反対側の林の木にも一つづつ潰したバナナを入れた網袋を吊るして帰ってきた。

そして今朝、

5時に起きて・・・ 朝5時に起きていざ・・・

カブト虫は・・・? カブト虫は・・・?

 残念ながら、カブト虫は・・・いない
昨夕木にに結びつけたバナナの寄せ餌には蟻や小さな虫達が群がっているだけ。
これも理科の実地学習かな?

 前にNPO「アクティブシニアネットせと」の農作業小屋前に積んだ堆肥に、カブト虫が卵を産みつけてそれが孵ると聞いていたのを思い出し、気を取り直して車を農作業小屋へ。
 茄子の収穫に朝早くから来ている農業グループのおじさんから、最後に残っていると言うカブト虫2匹を頂いてきた。ラッキー! 悠君の「瀬戸でカブト虫!」が実現した。

農作業小屋で 農作業小屋で

農グループの皆さんが収穫している茄子の畑も見学、摘み立ての朝穫り茄子も譲ってもらってきた。

ナスも収穫 カブト虫と取立ての見事な茄子の収穫

これで、Ji-jiの面目も立ったというもの。





Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。