スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸掘り

2011-08-24 | 11:14

 秋雨前線?が下がって数日涼しい日が続いたが、昨日から又晴れて暑さがぶり返している。
 晴れると、庭の花や菜園の野菜たちに朝夕の水遣りが日課。ホースで撒く水もおそらく風呂桶一杯では越えるだろう。水の量も馬鹿になら無い。加えて、この地の水道料金は全国的な比較でも高いほうにあるらしい。
 先日、いつもお世話になるご近所の大先輩から、「井戸を掘れば好いじゃねぇ?掘んなさいよ!」と、いとも気軽に言われ、懇意のポンプ屋さんに連れて行って紹介してもらった。
 年配の如何にも筋の通った職人さんらしい親父さんが、「直ぐ見に行ってやんべぇー」と。車の後からついてきてくれた。敷地内を一通り見て回り、場所を決めて、お勧めのポンプの大きさを手配しておくとのこと。見積もりも「大体XX万円位だ]と言うことで、昨日井戸を掘ってもらうことになった。
 予定日前日に、資材や道具を積んできて、「今日でも好いか?」「かまいませんが・・・」。生憎午後から一時土砂降りの雨が降ったので、雨が上がった夕方になって再度来宅、下準備だけして明日作業をするとのこと。のんびり田舎のスピーディな対応にびっくり。
 昨日は朝7時過ぎに、奥さんと大学生のお孫さんを助手に従えて3人で作業開始。すべて手作業で途中の砂の色をチェックしながら、深さ6mほどの地層まで掘り進めた。

 井戸掘り
 作業開始、すべて人力・手作業だ

 このパイプが井戸
 パイプを覆う白い部分が細かい網目のネット、ここから取水する

 地層をチェック
 右から2m、3m、4m、更に掘ると貝殻も出て昔は海底だったことが伺える

 この穴の底に届くように、6cmφの塩ビ管を降ろす。このパイプの先端部1mほどの部分にいくつもの穴があけられ、それを塞ぐように細かい網目のネットがパイプに巻き付けられ紐で固定してある。このパイプが所謂「井戸」なのだ。これに上から20mmφの塩ビ管を底まで差し込んで、上端をポンプに繋いで水を吸い上げる仕掛けだ。
大きな深い穴を掘って、上から覗くと顔が水に写るような昔の井戸ではない。

 作業開始から2時間ほどで、「井戸」が掘られ、試験用ポンプでくみ上げると水が勢いよく出るようになった。暫く出しっぱなしにすると、水は綺麗に澄んで冷たく口に含んでも臭いも無い。未だ検査してなので、飲み干しはしないが水道水より明らかにうまい水のように思う。
 一休みした後、パイプを新しいポンプに繋いで、ポンプから庭先に立てた「水栓柱」に配管し、流し台を置いて作業終了。丁度お昼前に、ピカピカの蛇口をひねると十分な勢いで冷たい井戸水が使えるようになった。

 井戸が完成 井戸が完成


 この地方は、昔から「上総(かずさ)堀り」と言う人力で井戸を掘る歴史があったところとのこと。こんな小さな井戸堀りにもそんな職人技が脈々と生きているのだろう。国内ではこの「上総堀り」は動力による工法に取って代わられているとのことだが、途上国の綺麗な水を得るための援助に、今でも活かされているとのこと。
 こんな土地柄だからこそ、思っても見なかった井戸を意外に簡単に掘ってもらえたのかもしれない。暇に任せて終始進捗を見ていたが、動力によることなくすべて手による伝統的な井戸掘り作業が面白かった。

Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

Comment

No title

すごい!!!開井(?)おめでとう!

  • 2011-08-25 | 11:17 |
  • よしえ URL :
  • edit
☆よしえ さん

試しにこの井戸水で風呂を沸かそうと思って、朝のうちにバスタブに汲み置きしてあります。
水が冷たいからね。お肌ツルツルになるかも・・?
今日、出かけたついでに水質検査の申込要領を聞いて来たよ。一月ぐらい汲み上げてみてから依頼するつもりです。

  • 2011-08-25 | 18:01 |
  • hhkan URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。