スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自給自足

2011-08-28 | 11:01

 夜鳴く虫の声が賑いつつも涼しげだし、朝明るくなる時間が段々遅くなって、耳にも目にもさやかに秋を感じるようになった。

 菜園の収穫もトマトや胡瓜などは盛りを過ぎ、代わりに南瓜がゴロゴロと毎日のように穫れる。新鮮なサラダ、南瓜も煮つけや天ぷら、パンプキンスープなど、手を変え姿を変えて食卓を賑わしてくれる。

 新鮮野菜
  夏野菜の盛りは過ぎたが自家消費にはまだまだ十分

 昨日は、近くの片貝漁港へ初めて鯵を釣りに行ってきた。車で片道15分位の一寸忘れ物をしてもすぐ取りに戻れる距離にある。
 朝方雨が降ったので出遅れて10時ころから、午後も予定があったので13時過ぎまでの正味3時間ほど。
 港の岸壁で、簡単なサビキ仕掛けにアミ海老の餌。釣果は丁度寿司ネタサイズが7匹。他にミニミニサイズの鯵、セイゴや鯔(イナ)などの放流対象の外道も掛かるが、そこそこ飽きずに遊べる。
 これだけあれば夕食の一品には十分なので、早めに上がって帰ってきた。

 流石に魚の鮮度は抜群。このサイズの鯵は握り寿司が一番だ。

 新鮮な鯵

  氷詰めで持ち帰った魚の頭を落とし三枚に卸す。旨味のある粗塩を振って15~20分ほど保冷し、米酢でサッと洗うように〆て皮をはぐ。昔から釣ってきた魚を拵えるのは自分の役目。

 粗塩で〆る
  旨味のある粗塩を振って15分ほど冷蔵庫へ

  この間にEさんが、寿司飯を準備する。
  寿司のサイズは、腹のすき加減に合わせて大きかったり小さかったり。好みの大きさに握る。生姜と刻み葱をトッピングして鯵の握り寿司が出来上がり。
 三枚目の中骨は素揚げにして骨煎餅に。骨までサクサクとビールの摘みにぴったり。

 鯵寿司
  鯵の握り寿司と骨煎餅

 野菜も魚も、買った方がお値打ちとの算段もあるが、何と言っても負けない食材の鮮度や、手間・ひまを併せて楽しめる自給自足?も捨て難い。

Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。