スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の実り

2011-09-07 | 23:55

 一昨日、いつもお世話になる長老Sさんの田んぼで稲刈りがあった。朝早くにSさんが出窓をノックして、「今日稲刈りをするので、写真を撮ってくれ!」とのこと。
 ホイ来た、とばかりに今日はいつものコンパクトカメラではなく、一眼デジを引っさげて田んぼへ。
 エンジン音を響かせて後ろに収穫した籾米を脱穀場へ運ぶ軽自動車を2台引き連れて、コンバインがやってきた。
 3枚ある、一枚900坪の田んぼの一番我が家に近い田へコンバインが入って行き、手際よく刈り取りが始まった。 刈り取った稲はコンバインの中に取り込み、刻んだ稲藁を後ろに吐き出してゆく。ほぼ外周を一回りしてくると、農道で待ち受ける軽トラックの荷台に籾米を移し変える。

 豊かな実り 豊かな実り

 刈り取り開始 稲刈り開始

 稲籾になって運搬車に 籾米が運搬車に

 一連の工程がコンバインを運転して刈り取りをする中で自動で行われる。最近始まったことではないが、初めて間近に見ると、中々システマティックで見事なものだ。

 そして今日、
 坂井さんが紙袋に入った新米を持ってきて下さった。未だご自分のお宅でも食べていないとのこと。恐縮の至り。

 出来立ての新米 刈入れ直後の新米

 千葉産米コシヒカリの新米 千葉産コシヒカリ

 遠慮されるのだが一寸上がって貰って、昨日釣ってきたハゼの甘露煮があったので、昼間ながら、話の摘みに小さなグラスに冷酒を注いでチビリチビリやりながら、新潟魚沼のコシヒカリは地震の被害にあったんだろう、こっちは台風がこなくて助かった・・・とか一頻り話を交換する時間を持つことが出来た。
 夕方、新米を早速食ご馳走になろうと、頂いた玄米を持って精米に行ってきた。さすが農産地、この地方には幹線道路のあちこちにコイン精米機がある。直近のスタンドの精米機は生憎故障していたが、少し海岸よりの路傍にある井関が設置している精米スタンドで精米してきた。100¥で15Kg精米できるらしいが、先ずは10Kgを精米してきた。
 さすが目の前で育った、そして収穫間もない新米は真っ白で香りも豊か、美味しいご飯だった。
 稲刈り2日目の新米を頂くこと、自分でそれを精米すること、そして地元の大先輩との語らいの時間を持つこと等々、ここへ越して来たことで新しい豊かなが経験ができるのは嬉しい。

Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。