スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩を送る

2009-10-25 | 22:45

 一昨日、PCレッスンに向かう車を運転中に元同僚から先輩の訃報を受けた。
昨日通夜、今日告別式があり、お悔やみの席に参席してきた。
 長く同じ職場で仕事をし、職場を離れてもテニスやゴルフ、又アフターファイブにと折々に人との交わり方や酒の飲み方を教えてもらった先輩だった。お互いに職場を離れ、最近は往来が少し疎になっていて、こんなに早く逝かれる事を知らずに居たことが悔やまれる。
 喪主の挨拶の中に、10年以上前に故人が「突然の死に備えて」と書き遺された文章が見つかったと紹介された。享年69歳は今の時代では未だまだと思われるが、勿論自分を含めて人の明日はたれぞしる? こんなに早く逝くことを予想してではない筈だが、周囲の人、特に自分を育てて貰い人の輪を築く礎となった会社生活への感謝の言葉をずっと以前に用意されていたことに、今更ながら故人の生き方を知った思いがする。
 広く深く交流があった人だったので、葬儀には大勢の弔問があり、暫くぶりに遠来の先輩や元同僚・若い人達に挨拶することが出来たのは故人の徳のお蔭だったとも思う。
 治療も難しく、苦しい病との闘いだったことを聞くにつけどうぞ安らかに眠られますようにと祈るばかり。 合掌

Theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
Genre : 心と身体

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先輩の死

会社時代の先輩のSさんが亡くなった。 今日お通夜に行ってきた。入退院を繰り返して病状 はよくないとは聞いていた。もう人に会いたくない と言っているというような噂も聞いていた。 Sさんには仕事も教わったが、それ以上に人間関係 の基本のようなことを教わった...

Comment

先輩の急逝

 先輩の突然の訃報、お察しいたします、苦しい闘病にて身罷れましたこと家族の方の献身的な看護があってのことでしょう、人生若朝露といいます、南無阿弥陀仏。

☆松原様

有難うございます。
数々の思い出があります。早逝が悔やまれます
人間生きているうちが肝心ですね。

  • 2009-10-26 | 11:16 |
  • hhKan URL :
  • edit
先輩を偲ぶ

Kanさん
先輩の突然の訃報はショックでした。お互い、先輩にはいろいろお世話になり、想い出は
つきないですね。
残念ですが、ご冥福を祈るばかりです。お互い、身体には気を付けようね。
(トラックバックしてみました。教材にでもしてください。)

  • 2009-10-26 | 11:38 |
  • マル URL :
  • edit
☆マルさん

コメント&トラックバック有難うございました。
だんだんいろんな事が身の回りに起こります。
早目早めの養生を心がけましょう。

「あほうどり」へのリンクさせて貰います。よろしく!

  • 2009-10-28 | 23:51 |
  • hhKan URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。