スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵手紙描き初め

2012-01-07 | 23:55

 昨年加えて貰ってまだ日の浅い絵手紙教室の描き初めの日だった。。
 今日の参加者は比較的少なく9名ほど。年末の忘年会で写した集合写真をプリントして持参。写っている人に一枚ずつ世話役さんから配ってもらった。最近纏まっての写真を撮る機会も少なくなったとのことで喜んでもらえた。
 先生から市田柿のプレゼント。これは好物の一つ! 早速絵手紙の画材にさせてもらった。
 他には蝋梅や水洗、お正月らしく赤い実のついた百両の枝などを画材に持参された人があったが、この季節の花・蝋梅を描かせて頂いた。

 市田柿 市田柿  蝋梅 蝋梅

 前回の教室でお隣の席の方から頂いて、絵手紙道具と一緒に越年した里芋があったので、持って行って描いてきた。こういう画材は季節もそれ程選ばないし、“花の命は短くて・・・”と言うようなこともなく、画材として長持ちして便利だ。付ける言葉も色々浮かぶ。

 里芋 道具と一緒に越年した里芋

 女性会員のお喋りがここの教室でも盛んだ。男一人でこの輪に入りにくいが、今日は先生から頂いた賀状の書を話題に、少しお喋りに加えて貰った。
 先生は水彩画がご専門で、油絵の指導もされるが、書は習ったものではないとのこと。絵も書も自分の流儀で作品作りをされる由。元気で味のある朱書きの書で賀状を頂いた。
 お喋りにも耳を向けながら、今日は都合3枚を描き上げてきた。さてどなたへ投函しようかな?

Theme : 年末&お正月
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。