スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懇親会で尾張へ

2012-04-07 | 23:55

 転居前の尾張の地を中身の濃い懇親会の梯子をして通り抜けてきた。
メインの用件は元の職場のOB会にするためだったが、その機会を生かして、普段ご無沙汰している旧友との再会をするのも楽しみに出かけたもの。

 先ず最初に、一緒にテニスをした仲間(里芋会メンバー)との再会。
 忙しい人達なので、声をかけて集まってもらうのも恐縮なのだが、メンバーのお一人から地震のお見舞いメールを頂いた返信に戻る予定があることを伝えたところ、快く集まって下さった。早いもので、転居後揃って房総へ訪ねて貰ってから半年振りだ。
 この古巣の地へは何度か往ったり来たりしているが、一人で出かける時は新幹線を利用する。JRのシニア向け割引の“ジパングクラブ”は、沢山走る「のぞみ」に乗れないのが難点だが、1時間に2本走る「ひかり」の1本は「のぞみ」と所要時間が殆ど変わらないので、予め時間を決めて出かけるならそれ程不便は無く、3割引はありがたい。
 いつものように豊橋駅で在来線に乗り換え、豊田市を経由して瀬戸に向かう。
 この町には手ごろなホテルが少ないので、途中豊田自動車のお膝元で一泊。ホテルにチェックインして荷物を置き、身軽になって待合わせの尾張瀬戸駅へ。とても静かな銀座通り商店街の静かな居酒屋で一杯、二杯・・・。
 皆さんの近況を聴いたり、地震や原発事故の心配をしてもらったり楽しい時間を過ごしてきた。

 翌日は3時から始まるOB会へ向かう前に愛環・途中駅で下車、ランチタイムに旧友MrさんとSyさんと一緒に昼飯を食べながら近況や他の友人たちの情報交換等。余りゆっくりした時間は取れなかったが、お互いの元気な顔を見せ合ってきた。

 そしてメインのOB会開催場所の元の事業所へ。
 受付の後、かつて慣れ親しんだ第一会議室で事業所の概況説明を受ける。出席者は約90名ほど。昨年は震災後の開催自粛で今回は2年ぶりの開催でもあり、幹部の交代やかつての部下の昇進を含めいつもよりも大きな変化を感じた。厳しい世の中の変化と共に歩みつつも国内トップシェアを維持しつつ、グローバルな市場に向けた成長を見込んで歩む元気な事業所の姿を見て来た。
 引き続いて玄関前での記念撮影の後、工場視察~別室で例年通りの懇親会。
 この会合の後に、元の職場の懇親会が設定されていたので、次の会場になる居酒屋のお迎えバスで移動のために宴の8分どころで同行の仲間と静かに退席。

 最終会合の「旧○○部懇親会」は事業所に程近い大きな居酒屋で。現役世代も含めての参加者は、かつて職場をご一緒した上長・同僚・庶務担当の女性やパートさんを含めて約30余名。この参加者数はかなりのもの。幹事の人柄か古い方々との交流の広さを物語るものかも知れない。賑やかに飲み食べつつ、古い話や相変わらずの話に花を咲かせてお開き。
 流石に3次会への打診はご遠慮して、送って貰って予約してあった名古屋市内のホテルに着いたのが11時前。

 翌日はよく飲んだ割りにすっきり目が覚めた。未だ他にも会って行きたい面影も無くもないが、偶々翌日以降にも繰り合わせた予定があり、老体に疲れを残さないようにと朝の新幹線で帰って来た。
 かくして、なかなか中身の濃い二日間の懇親トリップになった。
 時間を作って頂いたりお世話になった皆様ありがとうございました。

 

 

Theme : 呑み会レポ
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。