スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳の下?のハマグリ掘り

2012-05-08 | 23:55

 潮廻りがいい内にと、柳の下のドジョウならぬハマグリ掘りに再チャレンジ。今日は蟹網は止めて二人でハマグリ堀に専念。
 干潮がお昼の12時前後なので10時頃から出かける。出がけに、サーフィンから帰ったお隣さんにも声を掛けて、先にいつもの海岸へ。潮はもうかなり引いているが、連休過ぎの平日、人出はずっと少ない。。ポツポツと拾えるが余り数は出ない。段々と時間になって、人が増えてきた。お誘いしたお隣のご夫婦もやってきて、腰を振りながら足裏で砂に潜っているハマグリを探ってホリホリ。
 その内、慣れた感じの地元男性シニアが、汐干狩用の熊手で波打ち際を引っかいて捕り始めた。ポツポツと拾っていて、我々よりも好いペースで獲物を袋に納めている。Eが持ち前の人懐っこさで声を掛けて一言二言、するとそのおじさんが予備に持ってきていた熊手を貸して下さった。やってみると時々掘り当てる。調子に乗って力任せに砂浜を掻いていたら、木製の柄が首元でポキリ!、仕舞ったと思ったが、年季物らしく取付金具の根元が錆びて、折れるべくして折れた感じ。お詫びしてお許しを得たが。
 その折、そんなに力を入れて深く掘らなくてもと。自分の立っているところを中心に廻りを浅く引掻くと「カチッ!」と貝に当たるので、そこを掘れば好いとのこと。折れたのは古い所為ではなかったかも!? 柄が折れた熊手をそのまま、又引き続きお借りしてせっせと掘ったお陰で大分捕れた。焼ハマグリにも出来そうな大きなサイズも混じってにんまり。
 やはり道具だ。コツも教えてもらったので、早速熊手を買い揃えることにした。

ハマグリ
いいサイズも混じったハマグリ


 獲物は砂を吐かせておいて、明日帰国する Dan & Joe に一ヶ月ぶりの「日本の味」焼ハマグリと味噌汁にでもしてやろうと思う。

Theme : 暮らしを楽しむ♪♪
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。