スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新東名高速で瀬戸へ

2012-08-24 | 23:55

 愛知県から千葉に引越して二回目の夏。豊かな清流に恵まれた東海地方に比べると、高い山が無く鮎が釣れる川が殆ど無いのがこの千葉県だ。
 夏の鮎つりの楽しみを忘れがたく、以前の釣り仲間が年に一度泊り掛けで釣行する機会に同行させてもらっている。朝早いこの釣行に参加のために、前の家のご近所の釣り友Mdさんのお宅に前泊のお世話になるべく、前日金曜日に車で東名高速を走って行った。

 京葉道~東関東道~首都高・湾岸線~首都高・内環状状・渋谷線~用賀から東名高速を走る全行程420kmほど。今回はこの春開通した、御殿場から三ケ日インターまで新東名高速を走ってみた。

新東名高速
快適な走行が楽しめる新東名高速


 車線が広く、カーブや傾斜もなだらかで走りやすい。トンネル区間も多いが内部も明るく、先行車両が認識しやすいように照明が工夫されていて圧迫感が無い。安全にも配慮が感じられ、高速道路工法に数々の進歩が伺える。未だ走行車両も少なく、ついついスピードが出てしまうので注意が要る。
 三ケ日インターでこの新東名高速を出ると、在来東名高速に相当の年代を感じるのはやむをえないか?

 自分の車のナビのデータが未だ新東名高速に対応していないので、160Kmほどの間、道の無い空中を飛んでいるような感じだったが、途中のインターも少なく案内標識に従えば間違えようも無く特別不便は感じなかった。
 殆どが山間地帯を走るのだが、正面に晴天の富士山を観て、又最初の駿河湾・沼津SAあたりでは伊豆半島から駿河湾方面の展望が開けていた。今回はあまりゆっくり走れなかったが、又機会があれば途中の観光も楽しめそうで、名産品を求めてSA巡りも楽しいかもしれない。

Theme : ツーリング
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。