スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檀(Dan)君 & 穰(Joe)君の七五三

2012-11-17 | 23:55

 Dan君が5歳、Joe君が3歳になり、イギリスから来日しているグランマも一緒に大宮の氷川神社へ七五三参りに行った。ここ2週連続してDan君たちと一緒に珍しく大宮方面へ足が向いた。お昼前の京葉線で東京駅へ、京浜東北線で大宮駅へ直行。意外にこのルートは便利だ。元操車場跡地などが再開発されて綺麗になり、中心街も活気がある。
 午後2時の待ち合わせだったが、1時前に大宮駅に着いて、昼食中にママから駅からタクシーで神社に向かっている旨の連絡があり、食事の後少し急ぎ足で門前の紅葉の混じるケヤキ並木の参道を氷川神社に向かった。
  奥の鳥居を潜った太鼓橋辺りで、偶々結婚式のお参りの行列を見ることもできて神社らしい雰囲気的もGood!

紅葉した参道
紅葉した参道

婚礼お祝いの列も好い雰囲気婚礼お祝いの列も好い雰囲気


 Dan & Joe 達もこの行列を見ていた様子。
 祈祷の受付を済ませて、待合室で少し待ってから、何組か纏まって神殿前の祈祷所でお払いを受け、一緒にお参りした中の代表者の玉串奉納と礼拝に合わせて一緒に二礼二拍手一礼によるお参りする。その後お守札や千歳飴を頂いてお七五三の参りは終了。沢山の記念スナップをパチリパチリ!

檀君&穰君 おめでとう!
檀君&穰君 おめでとう!
揃って元気に七五三、よかったね!
揃って元気に七五三、よかったね!
みんな一緒に
みんな一緒に
中門の前で
中門の前で
女の子も可愛いね
女の子も可愛いね
千歳飴食べたいな!
千歳飴食べたいな!
お待ちかねの千歳飴
お待ち兼ねの千歳飴
太鼓橋を後にして
太鼓橋を後にして

 まだまだ解らんチンだが、二人が元気でこのお祝いができてよかったと思う。特にJoe君、早産で生まれて心配したこともあるが、身長・体重もほぼ標準に達し、兄弟げんかでもお兄ちゃんに負けないぐらいに頑張る。パパ&ママの頑張りも勿論だが、進んだ医療や社会のもろもろのお陰をもってこの日を祝えられたことはありがたいことだ。

 家を出がけに降りだして心配した雨、この数日好天が続き今日だけが雨降りの予報で心配が見事的中し、関東地方でもかなり降ったようだが、何とか氷川神社のお参りの間は降らずに済んでラッキーだった。日頃の行いの好い人がいたのだろうか? 
 事前に調べた情報ではこの時期の氷川神社は大混雑するとのことだったが、これも意外に閑散? 雨模様の天気予報のお陰? 都合のつく近隣の人達は明日日曜日のお参りにしたのかもしれない。

 そんなこんなで、早めにお参りが済んだので、チョット肌寒い参道を戻る途中の「氷川だんご」店で蒸し饅頭や団子とお茶を飲んで休憩。少し雨の降り出した中をゆっくり歩いて大宮駅に戻り、「さいたま新都心」駅に隣接の、予約してあったホテルへ。レストランの開店時間までの30分ほどを、既にクリスマスデコレーションがされたロビーで休憩。はしゃいで走り回るDan と Joe の面倒を見るのが大変だ。

はしゃぐ両君 やんちゃ盛りの5歳と3歳


 1Fレストランの個室でフレンチ料理で会食。ここでも席を立ったり、部屋の外へ出たりと動きまわる孫達、大人達はゆっくり落ち着いて食事ができない。未だ無理かもしれないが、今日はこの子達が主役なので、カミナリをじっと我慢のJi-jiだった。
 帰りに駅から家までの車の運転があり、雨模様でもあるので自分はアルコールを控えて、代わりにEさんに、料理に合わせて運ばれる白や赤の美味しそうなワインをタップリ飲んでもらってきた。いつかその内このお礼をしてもらおうと思う。

Theme : 家族日記
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。