スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後2ヵ月後の受診

2010-04-13 | 23:55

2月の手術からほぼ二ヶ月が経過して、2回目の外来受信日だった。
血液検査による腫瘍マーカー(PSA)値のチェックが主な診断用件、結果は0.001ng/ml以下で経過は順調とのこと。その他泌尿器科から見た所見も恵まれたケースらしい。次回受診はは3ヵ月後でOKとのこと。
受診はもちろん泌尿器科なのだが、先日の車から降りる時の尻餅事故での救急外来のカルテを見て、先生から打撲を負った腰の状態を聴かれた。術前のホルモン療法で飲んだ薬の影響で、圧迫骨折など骨に異常がなかったか心配して下さった様子。幸い今のところそんな気配はないと思うが、打った腰の痛みがほとんど引いたので、一度整形外科を受診して置こうとは思っている。
前述の術前ホルモン療法は、男性ホルモンを抑止する薬なのだそうだが、3ヶ月ほど続けた結果はPSA地を押さえる効果はかなりてきめんであったように思える。副作用として心配された骨祖しょう症は無いようだが、肌の脂っ気がなくなりカサついたこと、胸(乳首)が痛むなど。顔の脂質と血色はほぼ回復したが、胸の痛みは回復にやや時間がかかるとのこと。普段は気にならない程度なので、日薬の効くのを待つしかないようだ。
いずれにしても、退院後の投薬もなく過ごせるのはラッキーなので、生活習慣病で薬が必要ににならないよう飲みすぎ食べ過ぎに気をつけて適度の運動を心がけようと思う。
(思っていることは優等生かな!?)

Theme : 今日の出来事
Genre : 日記

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。